なくした歯のインプラントをする

カテゴリー:理想的な治療とは

特別な道具を使っていたわけではないのですが、歯磨きにはそれなりに時間をかけて、丁寧にしていました。
というのも、歯は一度きりのもので失うと生えてきませんし、治療の跡がはっきりと残ってしまうことが多くあります。
どうしてもほかのひとの口の中だとはいえ、銀色のものが見え隠れするのは気持ちがいいものには思えないでいます。
丁寧に歯磨きをしていたにもかかわらず、どうやら磨き方に癖があったようで、奥歯が虫歯になってしまいました。
歯医者さんが言うには磨きの腰の多い場所なんだそうですが、やはりそのための治療の必要ができるのはとても残念なことです。
そこで最近注目されているインプラントについて相談を持ちかけると、実費負担になるので、それほど積極的ではないけどできるという返事をもらいました。
とくに奥歯なので、あごの骨が分厚く治療としてはしやすい箇所だといいます。
現在の体調面、とくに飲んでいる薬がどのようなものかの確認もしてから、インプラントを受けることになりました。
手術そのものの時間は、おもっていたよりも短時間で済んだようです。
むしろ緊張をしていたので、どうしてもその時間を長く感じてしまったとおもいます。
治療が終わってしばらくは固い食べ物を避けるべきですが、元の歯と比べても全くといってもいいくらい違いが判りません。
おそらくほかの人には伝えない限り気づかれないことでしょう。
治療にとても満足することができています。