インプラントでしっかり噛みしめられる歯を手に入れる

カテゴリー:理想的な治療とは

最近良く聞くようになってきた「インプラント」ですが、ご存知ない方も多いかと思います。
簡単に説明すると、歯がないところに歯を作ってしまうと言う事です。
でも入れ歯や差し歯とは全く違います。
歯茎の中にある骨に支柱になるインプラントを埋め込んで、その上に人口の歯を取り付けると言うものです。
骨に埋め込むと言う事で、はっきり言って歯の治療と言うより、手術と言う形になります。
そしてこの治療は保険が利かないので治療費が高く、1本あたりの相場は30~45万円位だそうです。
高いすぎると思われるかもしれませんが、使用感が入れ歯などとは比べ物にならないようです。
入れ歯だとご飯があまりおいしくないと言う方も少なくありませんが、骨につながっていると言う事で、しっかり自分の歯、あごで物を食べている実感があり、食べ物の食感もしっかり感じることが出来るのです。
おいしくご飯を食べることが出来ると言う事なのです。
生きている以上、ご飯を食べないことはありませんよね。
そしてご飯を楽しみにしている方もたくさんいると思います。
そのご飯が歯のトラブルのせいでおいしく食べられないなんて、食べる意味自体に疑問を感じるかもしれません。
硬いものも柔らかいものもおいしく食べ、しっかり栄養を取ることが健康への第一歩です。
そう言う意味ではインプラントは健康への近道とも言えますね。
そして、プロ野球選手の清原選手もインプラントにしていると聞いたことがあります。
プロ野球選手はバットでボールを打つ際、歯をかみしめるそうですが、そのかみしめ方が半端ではないそうです。
それを毎日何回も行うことにより歯がボロボロになってしまい、インプラントにしたと言う事です。
歯をかみしめなければ納得のいくスイングができないと言う事なのでしょう。
もちろん歯を噛みしめるのはプロ野球選手だけではありません。
私たちは皆、力を入れたい時などに気が付かないうちに歯を噛みしめているのです。
健康で元気に過ごすために、しっかり噛みしめられる歯を手に入れることはとても大切な事なのです。