選ぶ利点

カテゴリー:理想的な治療とは

歯の治療をする時に、2本以上の隣り合わせになった歯を抜いた後の治療法で部分入れ歯を作るか、インプラントにするかで悩む方は多いでしょう。
愛知県で歯の治療をされる方には、健康保険が適用される治療方法は部分入れ歯を作って治療する事なので、何も考えずに部分入れ歯の治療を選択される方がおられます。null
部分入れ歯治療のメリットは、自分で間単に取り外す事ができ、洗浄できる事です。
健康保険が適用されますから治療費用の本人負担割合は基本的に30パーセントですし、費用面でのメリットは大きいでしょう。
ですが部分入れ歯にはデメリットも多いです。
入れ歯を毎日取り外しますから、入れ歯の金具を固定する健康な歯の表面、エナメル質が傷付いて健康な歯が虫歯になる可能性が高まります。
インプラント治療は健康な歯に一切負担を掛ける事のない治療法ですから、健康上のデメリットがありません。
自分の歯とまったく同じ感覚になりますし、入れ歯の様な違和感を抱くこともないでしょう。