失くした歯の治療について

歯を失くしてしまったという方の治療に、入れ歯、ブリッジ、インプラントという3つの治療方法があります。

入れ歯は、失くした歯の隙間を埋めるための補綴物のことです。「被せるタイプ」と「引っ掛けるタイプ」があり、その人にとって最適な方法で欠損部分を補い固定します。
イメージとしてはお年寄りが嵌めるものですが、総入れ歯と部分入れ歯に分けることができ、若い人でも1、2本失くしてしまった歯を補うために使用されることもあります。

ブリッジも入れ歯同様、補綴物のことですが補い方が異なります。
ブリッジは、失くした歯の両側に残る健康な歯を小さく削って、そこへ人工歯を被せて橋渡しをするように欠損部分を補います。「橋渡し」という事から、ブリッジという名称で呼ばれています。

インプラントは、失くした歯の欠損部分の骨に器具(インプラント)を埋め込み、そこへ人工歯を装着します。骨に固定しまうことから、自分の歯と同じように使用できるというのが大きな特徴です。
手術になりますが、見た目も使用感も断トツで優れているため、第2の永久歯と呼ばれています。

では、どの治療法が最もいいのかということですが、これは一概に言えることではありません。
それぞれにメリット・デメリットがありますし、費用の問題、身体的な問題、治療後の問題、見た目の問題、使用感の問題などから色んな面を考慮して、自分で納得のいく治療を選ぶ事が重要になるでしょう。

ただ、どれか一つを選ぶのなら、いろんな問題を総括したうえでオススメしたいのはインプラント治療になります。

入れ歯やブリッジは、あくまでも食事などの際の咀嚼をサポートするための治療です。きちんと隙間を埋める訳ではないので、歯が崩れて歯並びが悪くなり、虫歯にもなりやすくなります。また、使用感も良いとは言い切れません。
こういった入れ歯やブリッジの問題点を改善したのがインプラントです。費用はその分、高額になりますが、きちんと治療を成功させてメンテナンスを行っていけば一生モノの歯として使える可能性もあります。



Parent page: 失くした歯の治療について