インプラントの専門医を見極める

インプラントというのは高い審美性を誇る歯の治療です。そのため、多くの人がインプラント治療を希望します。

インプラントには高額な治療費がかかりますが、利益が大きいという事でクリニックによっては、きちんとした知識や技術を持たないまま安易にインプラント治療を始めるクリニックもあります。患者としては費用が高いのは嫌なので、安いクリニックで・・・と思いますが、費用よりも医師やクリニックの質から選ばないと取り返しの付かない失敗に繋がる危険もあります。

では、どうやって医師を見極めればいいのかが気になりますよね。

参考にしたいのは、インプラントに対する高い知識と技術力が証明された医師だけに交付される「インプラント認定医」という認定書です。

インプラント認定医が歯科医師に交付されるのは簡単なことじゃありません。
まず、医師はインプラントの学会および学会の指定する研究施設へ5年以上在籍し、学術大会、講習会に参加します。その上で実績を積んで、認定医の試験を受け、他の認定医からの推薦がある医師のみに認定されます。
ただ、この認定書には有効期限があり、5年となっています。そのため、常にインプラントについて学び、更新し続けていく必要もあります。

ただし、インプラント認定医はクリニックと医師を見極める際の一つの規準にはできますが、インプラント治療において適切な処置ができる専門医という認定であって、必ずしも最高の技術力に結びつくわけではないという事は理解しておく必要はあります。
あくまでも一つの判断基準として参考にはできますが、本当に重要なのは自分でカウンセリングに出向き、実際に対面して相談することです。そこで自分の五感を信じて医師を選択してください。

インプラントはメリットが多い歯の治療ですが、必ず成功する治療だとは言い切れないし、危険性も備えています。ここでインプラントの良い点ばかりを述べる医師は信用なりません。
良い点、悪い点を説明して、その上で患者さん自信に治療をするのかということを選ばせるという医師が良い医師と言えるのかもしれませんね。



Parent page: インプラントの専門医を見極める