インプラント失敗の危険性

「インプラントは成功率が高い歯の治療」という話は、そこかしこで聞きます。
ただ、100%成功するというわけではなく、成功率の高い治療ができるかどうかはインプラント治療の高い知識と技術力を持った医師が執刀した場合に限るでしょう。インプラント治療も最近では一般化して治療を希望する人は増えていますが、それに比例するように失敗率も高くなってきているのが現状としてあります。

インプラントの失敗例は色々あるのですが、その中でも多い失敗症例を紹介します。

手術中の失敗例としては、「血管や神経の損傷」「上顎洞粘膜の損傷や炎症」「細菌感染」
術後の失敗例としては、「インプラント周囲炎(インプラントの歯槽膿漏)」「上顎洞炎」「上部構造の破損」「インプラント本体のグラ付き、抜ける、破折」「神経麻痺」「長期に亘って痛み、腫れ、しびれがある」などがあります。

これら、失敗に繋がる原因としては、医師の技量不足・知識不足、クリニックの衛生状態・設備状態の悪さをあげることができます。

また、知識と技術がない医師が治療を行うと上記のような失敗を招くどころか、ドリルで骨に穴を開ける際に動脈を損傷させて死亡者を出してしまったなんていう事例も少なからずあります。
手術には医療ミスのリスクは必ず付きますので、死亡者を出してしまうトラブルはデンタルインプラントに限った問題ではないですが、低くはない危険性が伴うということを知っておくことが必要でしょう。そうすれば、自ずと医師選びも慎重にできるんじゃないでしょうか。

インプラント治療の成功に医師の技量は重要ですが、治療に成功した後も定期的にメンテナンスに通わなくてはなりません。トラブルが起きた際には適切に処置してもらう必要も出てきますので、生涯付き合えるくらいの医師とクリニックであることが重要です。

治療自体は医師に任せるしかないですが、その医師を選ぶのは自分です。正しいクリニックと医師を選びましょう。



Parent page: インプラント失敗の危険性