インプラントという歯の治療

インプラントは、体内に器具を埋め込んで損傷を補うことができる治療です。例えば、骨折の時に骨を固定するボルトや心臓のペースメーカーもインプラントの一つです。
歯の治療におけるインプラントはデンタルインプラントとも呼ばれ、骨にドリルで穴を開けてネジ状のインプラントを埋め込み、そこへ人工歯を装着する治療になります。

特徴としては、見た目、噛み合わせ、使用感がよく、周囲に残った健康な歯に影響を与えることはありません。歯の治療としては、最も自分の歯に近い人工歯になるため「第2の永久歯」とも呼ばれています。

耐久年数は一概には言えないのですが、治療から10年を越えても90%以上の人が問題なく使用できると統計が出ています。また中には、約40年ほど経っても問題ない人もいるので、きちんとした治療をしてもらい、定期的にメンテナンスをしていくことで自分の歯として生涯使えることが証明されているといっても過言ではないでしょう。

ただ、このようにメリットが高い歯の治療ですが、審美性の要素が強いことから審美歯科扱いになり、インプラント治療は保険適用外の自由診療にあたります。
自由診療という事はクリニックごとに費用が異なり、さらに保険適用できないので高額な治療費がかかります。一部、保険適用できるケースはありますが、基準が厳しいので治療を希望する殆どの方は保険が適用できないと思われます。

実際にかかる費用はインプラント1本につき約10万円~約50万円までクリニックごとに大きな差があり、相場としては約35万円程度になります。安かろう悪かろうでは困りますが、高いから良いと言うわけでもありません。
しかし、この費用は医療費控除の制度を利用することで、所得に応じた一部を控除してもらうことが可能です。

インプラント治療が成功するかどうかは医師の腕次第という部分が大きくなるので、費用ばかりに注目せずに医師の質を見極めることが重要ポイントとなるでしょう。



Parent page: インプラントという歯の治療